【呪術廻戦】キャラクター人気ランキングのまとめ

2018年より「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始した、芥見下々の漫画『呪術廻戦』。
人の負の感情がもたらす『呪い』から生まれる呪霊と、呪術師との闘いが描かれたダークファンタジーバトル漫画です。
2019年にはテレビアニメの放送が決定。

呪力とよばれる力を使った大迫力なバトルアクションや、重厚な世界観など見どころが詰まった作品ですが、作中に登場するキャラクター達も魅力の一つです。
そこで今回は、キャラの魅力&人気にスポットを当てていきます。

Sponsored Link

第二回人気投票の順位予想(TOP10)

2021年の5月31日~6月21日に行われた、『呪術廻戦』のキャラクター人気投票の結果を予想したいと思います。
前回の第1回人気投票は、スマホやPCから1日1回投票が可能な「完全WEB投票制」でした。
しかし、第2回人気投票はハガキで行われることに。

ハガキに貼る応募券は、「週刊少年ジャンプ2021年26号に1枚」・「単行本16巻に2枚」付いています。
基本はハガキから行うことになりますが、電子版を購読している人は「ジャンプ+」や「ゼブラック」のアプリからも投票が行えるようです。
気になる投票対象キャラですが、第1回は総勢84名。

前回の投票から2年が経ちキャラ数も増えているため、第2回人気投票は総勢140名以上のキャラに投票可能となっています。
それではランキング予想に移りましょう。

1位 五条悟

前回順位:3位(↑2)

  • アニメ化にて人気に火がついた
  • 本編の過去編でキャラが掘り下げられた
  • 最強

2位 伏黒恵

前回順位: 2位( → )

  • 禪院家当主に抜擢
  • 味方陣営で五条以外に唯一領域展開を使用可能
  • 虎杖・津美紀などとの関係性

3位 狗巻棘

前回順位: 4位(↑1)

  • アニメ化で更に人気に
  • 投票期間中での活躍は無し
  • 0巻の映画化も控えている

4位 虎杖悠仁

前回順位: 1位(↓3)

  • 上位3人と比較すると人気の伸びは弱い
  • ジャンプの主人公は1位を取りづらい印象
  • 固有の術式を持たず戦闘の印象が弱い

5位 乙骨憂太

前回順位:7位(↑2)

  • 本編でほぼ登場していなかった第一回時点で7位を獲得
  • 本編で登場し更に人気アップ
  • 0巻では主人公として登場・映画化も控えている

6位 夏油傑

前回順位:15位(↑9)

  • 夏油傑≠羂索であることが判明
  • 過去編でキャラが掘り下げられた
  • 0巻の映画化も控えている

7位 七海建人

前回順位:5位(↓2)

  • 作中で死亡しているため順位は落ちそう
  • アニメでも登場し人気は間違いなくある
  • 七繋がりで7位に期待

8位 釘崎野薔薇

前回順位:6位(↓2)

  • 他に魅力的なキャラが多く順位は落ちそう
  • 生死不明状態で投票期間中に活躍していない
  • 女性キャラでは一番人気を維持

9位 東堂葵

前回順位:8位(↓1)

  • 真人戦の途中参戦での盛り上がり
  • 虎杖とのコンビネーションの良さ
  • シンプルに強くカッコいい

10位 脹相

前回順位:-(-)

  • 術式と戦闘がカッコいい
  • 虎杖との掛け合いが面白い
  • 名言「俺はお兄ちゃんだぞ」

第1回人気投票の結果・TOP10のランキング

順位キャラ名票数
1位虎杖悠仁21,735票
2位伏黒恵21,193票
3位五条悟16,923票
4位狗巻棘12,088票
5位七海建人11,644票
6位釘崎野薔薇9,590票
7位乙骨憂太7,934票
8位東堂葵7,791票
9位吉野順平7,481票
10位両面宿儺5,860票

【呪術廻戦】イケメン男性キャラTOP5(キャラ画像付き)

呪術廻戦では、これまでにも

  • クールながらも情に厚い面をもつ「伏黒恵」
  • 最強と名高い特級呪術師「五條悟」
  • 声に呪力を込めて放つ“呪言師”の末裔「狗巻棘」

といったイケメンキャラが登場し、ファンのハートを鷲掴みにしています。
このランキングでは、これまでに『呪術廻戦』に登場した全ての男性キャラクターを対象に、ファンの方たちが選んだイケメンキャラTOP5を紹介。

1位 五条悟

三枚目な性格に最強の実力を讃えており、未だに底が見えないミステリアスさが魅力となっています。
作中ではよく人間性に難があることを指摘されていますが、決して優しくないわけではなく、仲間と認めた者は大事にしています。

2位 狗巻棘

基本的な性格はお茶目でいたずら好きの仲間思い。
見かけの可愛らしさとは裏腹に中身は意外にも男前というギャップが魅力です。
戦闘時には普段隠している口元を開放し、『呪言』を口にするため、その時のギャップや素顔のイケメンさにやられる人も。

3位 伏黒恵

表面上はつれない反応が多いですが、父親との因縁から「善人を救う」という欲望に対してとても素直です。
いわゆる「ツンデレ」とは違い、素直でクールな人物。

4位 虎杖悠仁

正義感が強く格闘センスに長け、もう1つの人格を取り込んで尚も自我を保っていられる「1000年に1人の逸材」
呪術師としては荒削りではあるものの、天性の格闘センスの高さと成長速度の速さで今後ますます伸びていくでしょう。

5位 七海建人

作中屈指の好人物であり、読者人気も非常に高い「頼れる大人」
彼の魅力は人格面にあり、表面上はとても厳しく冷静沈着でありながら、裏に温かく優しい義理人情が垣間見えます。
強さも申し分なく、肉弾戦においては並の呪術師を歯牙にもかけません。

【呪術廻戦】最強の術式ランキングTOP5

魅力的なキャラが沢山登場する『呪術廻戦』ですが、キャラと同じくらい作品にとって重要な要素が、個性的な『技(術式)』です。
作中には色々な術式が登場しますが、どの術式が最強なのでしょうか?
キャラの成長過程などで変動もありますが、ここで一つランキングを作ってみました。

御自身の考えるランキングと比べて楽しんでいただけたら嬉しいです。
※領域展開は省いています。

1位 無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

御三家である五条家相伝の術式です。
無限を現実に作り出して、周囲の空間にある物体間の距離を自在に操ることが出来ます。
これにより対象を押し潰す・弾き飛ばすといった攻撃や減速・停止させることにより完全な防御を実現。

瞬間移動や空中浮遊も可能

2位 呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

降伏した呪霊を自在に取り込み自在に操る術式です。
2階級以上の差があれば降伏を省き無条件で取り込むことが可能。
使役する呪いと夏油の呪力が異なっている。

基本的にデメリットはありませんが、取り込む呪霊は吐瀉物を処理した雑巾を丸飲みしている様な味がするとのこと。

3位 十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

御三家である禅院家相伝の術式です。
自身の影を媒介として式紙を呼び出す術。
発動する際には影絵を作ります。

呼び出される式紙は並のものよりも強力。
完全に破壊されてしまうと二度と呼び出せなくってしまう代わりに、破壊された式紙の術式と力が他の式紙に引き継がれる特性を持っています。

4位 呪言(じゅごん)

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

狗巻家相伝の高等術式です。
対象に言霊で呪いをかけ、言葉通りに強制行動を取らせます。
敵だけでなく味方にも呪いをかけることが可能な万能術式です。
強い言葉を使うとその分反動がきたり、最悪の場合は自分に返ってくることも。

使いすぎると喉の痛みが悪化し戦闘不能になります。

5位 無為転変(むいてんぺん)

(呪術廻戦 芥見下々 / 集英社)

特級呪霊『真人』の術式です。
その能力は掌で触れた人間の、魂の形を変えること。
魂の形を変えることにより、人間の形を変えることができます。

自身の身体も自由に変形させることが出来ますが、大きくしすぎたり長く変形させすぎたりすると、強度が低下。

Sponsored Link

コメント