【転スラ】1期アニメ動画23話の感想

なろう系異世界転生ファンタジー作品、『転生したらスライムだった件』略して『転スラ』。
主人公がスライムに転生して活躍していくお話です。

このページでは、アニメ動画第1期23話を実際に視聴して感じた点を記載していきます。
良かった点、イマイチだった点についてお伝えしますので参考にしてみてください。

Sponsored Link

【転スラ】アニメ動画23話の感想-良かったところ

今回、アニメ第23話を視聴してみて感じたのは、こんな感じです。

・上位精霊の召喚に成功
・リムルがモテモテ
・クロエに宿ったのはなんだったのか?
・本編最終話

以上となります。

上位精霊の召喚に成功

上位精霊を宿すため、精霊の住処を訪れたリムルと生徒達。
生徒達は祈り、精霊を召喚しますが、下位の精霊達しか現れませんでした。

リムルはグラトニーを使って、下位の精霊を捕食し、変質者の能力で上位精霊へ変換。
生徒達に宿していきます。

精霊を捕食して、上位精霊を生み出すとは…。
毎回リムルのチートぶりには驚かされますね。

リムルがモテモテ

次々と生徒達に精霊を宿していくリムル。
感謝の気持ちとして、アリスはリムルのほっぺにキスしていました。
それを見て嫉妬する、クロエの姿も可愛かったですね。

そしてクロエは精霊を宿す前に、リムルに告白をします。
モテモテのリムルでしたが、10年後に言ってほしいとか、前世で言われたかったっと少し悲しそうな表情でしたね。

クロエに宿ったのはなんだったのか?

上位精霊を次々に宿していきますが、クロエの時だけ上位精霊とは異なる存在が現れます。
それを見たラミリスは大慌てで、クロエに宿るのを阻止しようとしていました。

正確な正体は不明でしたが、ラミリスの話では未来から来た存在?っとなっています。
恐らく重要な付箋となるので、今後の展開から目が離せませんね。

また別の記事でクロエについて解説しているので、参考にしてみて下さい。
【転生したらスライムだった件】 クロエって何者?その正体とは?

本編最終話

今回の23話でアニメ第1期の本編が終了しました。
異世界転生作品は多くありますが、スライムに転生する作品は他には無いと思います。
毎回わくわくしたり、ドキドキして、とっても楽しめました。

初期に登場したシズさんの心残りを解決するために、子供達と出会い、上位精霊を宿すことで死の運命から救いました。
しっかりと伏線も回収していて素晴らしい作品だと思います。

2期でもう一つの伏線である、レオンとの物語が描かれると嬉しいですね。
リムルの今後がとても楽しみです。

【転スラ】アニメ動画23話の感想-イマイチだった点

第23話は、上位精霊精を召喚、生徒達に宿していき、子供達が救われるところまでが描かれていました。
ですが、個人的にイマイチだった点はこれです。

アニメ1期は詰め込みすぎた

アニメ1期はとっても楽しめました。
ですが漫画と比較すると、かなりの内容を詰め込んでいると思います。

転スラの漫画だと、12巻54話までの内容が描かれています。
通常のアニメだと、漫画の8~10巻程度の内容で構成されます。
12巻までの構成となるとかなりのハイペースで一部内容を割愛していると考えられます。

漫画で詳しく描かれていたところがカットされてしまうのは非常に残念です。
2期ではもう少し丁寧に描いて貰えると嬉しいですね。

全体評価

次の話気になる度
面白かった度

詳細

今回の23話でアニメ1期本編は一旦終わりになります。
シズとの約束を果たし、きれいな終わり方でしたね。
2期がとっても楽しみです。

3.8
ページの画像引用元
Sponsored Link